日本郵便/セルフPCR検査検体の郵送条件を明確化

2021年04月26日 

日本郵便は4月26日、新型コロナウイルスのセルフPCR検査の検体を郵送する際の取り扱いを、5月10日から明確化すると発表した。

日本郵便は、セルフPCR検査検体の郵送について、「検体が不活化されていること」「検体に対し、医療機関などと同水準の厳重な三重包装がされていること」の2つを条件として定めている。

今回、検体を梱包する容器の条件として「二次容器または三次容器が箱、ドラムまたはジェリカン」であることを追加する。

日本郵便では、世界保健機関(WHO)の「感染性物質の輸送規則に関するガイダンス 2013-2014版」のカテゴリーBに含まれる感染性物質を輸送する際に求められる包装である「三重包装」を、セルフPCR検査検体を郵送する際の条件としてきたが、二次容器または三次容器が箱などではないものはガイダンスに基づくカテゴリーB用容器の基準を満たさないことが判明したため、新たに条件として追加する。

条件を満たしていない郵便物は、差出人に返還する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集