GROUND/物流施設統合管理・最適化システム「GWES」発売

2021年06月15日 

GROUNDは6月15日、自社開発した物流施設統合管理・最適化システム「GWES(GROUND Warehouse Execution System)」を8月2日より提供開始すると発表した。

<GWESの位置づけ>
20210615ground1 520x347 - GROUND/物流施設統合管理・最適化システム「GWES」発売

資本業務提携を発表したトラスコ中山が2024年に本格稼働させる同社最大の物流施設「プラネット愛知」に導入される予定でもある。

このシステムは、2020年9月末より提供を開始したAI物流ソフトウェア「DyAS(ディアス)」で培ったノウハウを基に、新たに追加開発した機能を拡充した、汎用性・拡張性の高いパッケージシステム。今後、 「DyAS」は「GWES」へ統合されるとともに、販売・導入支援・保守サポート体制を再構築し、GROUNDからの直接販売に加え、広くパートナーシップを募り、代理店を通した提供も開始する。

また、「GWES」は、今後国内で需要が高まることが予想されるWarehouse Execution System(倉庫実行システム)として、ミドルウェアとなる共通データ基盤、そしてAIを適用した各種機能モジュール群で構成されている。メーカーを問わず、さまざまなハードウェア(マテハン・ロボット)やソフトウェア(Warehouse Management System、 以下「WMS」・Warehouse Control System、 以下「WCS」)とシームレスに連携することによりデジタル化を推進し、物流施設全体の最適化や可視化を実現する。

<GWESのモジュール>
20210615ground2 520x221 - GROUND/物流施設統合管理・最適化システム「GWES」発売

「GWES」を構成するモジュールは「物流施設の可視化・分析」、「業務自動化・リソース最適化」、「物流施設内ハードウェア・ソフトウェアの統合管理」、「物流施設内地図のデジタル化」の4つの役割により7つのモジュールで構成される。

<会見後の写真セッション 左からトラスコ中山の中山社長、GROUNDの宮田社長、トラスコ中山の直吉取締役>
20210615ground3 520x347 - GROUND/物流施設統合管理・最適化システム「GWES」発売

発表会では、GROUNDの宮田啓友社長のほか、トラスコ中山の中山哲也社長、直吉秀樹取締役物流本部長も出席。

宮田社長は「トラスコ中山さんのプラネット愛知で新流通プラットフォーム構築の支援ができることをうれしく思っている。これまで、物流ロボットの自動搬送機やAMRを展開してきたが、それだけでは物流の部分最適しか実現していない。以前から進めていたGWESの完成により、物流の全体最適化が可能となってきた」と話す。

中山社長は「わが社はなるべく在庫を多く持つという哲学でやってきた珍しい機械工具の卸企業。顧客に即納できることが最も顧客ニーズに応えることだと思っている。そのため、物流は当社の生命線。在庫の回転率より、在庫出荷率、いわゆる即納率を最も重視している。しかし、現在のITやロボット、AIの技術進歩に伴い、当社だけの技術では無理で、パートナー企業を探していた。宮田社長の物流にかける情熱とGROUNDの技術力にほれ込み、業務資本提携を結んででも、パートナーとして迎えたかった」とコメントした。

直吉取締役は「現在開発を進めているプラネット愛知は倉庫面積が8万3269m2のロジスティクスプラットフォームとして竣工する。完成は2024年内だが、ここにGWESを導入する予定。ここでは日本最大の工具箱と呼ばれるプラネット埼玉の在庫50万SKUを大きく凌駕する100万SKUの保管点数を目指している。さまざまな自動化により、最高水準の競争力を持つ物流施設としていきたい」と述べた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集