LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/フランス初となるLNG燃料供給船の海上公試を実施

2021年07月12日/IT・機器

商船三井は7月12日、TotalEnergies Marine Fuelsとフランスを拠点とする初めてのLNG燃料供給船の海上公試を実施したと発表した。

<LNG燃料供給船の海上公試中>
20210712mol 520x287 - 商船三井/フランス初となるLNG燃料供給船の海上公試を実施

この新造船は、Total Energies Marine Fuels 商船三井から傭船する 2隻目となり、中国の滬東中華造船(Hudong-Zhonghua Shipbuilding)で建造中。

TotalEnergies Marine Fuelsと商船三井は2019年11月に長期傭船契約を締結しており、2020年4月に建造を開始している。

1万8600m3型のこの船は2021年4月に進水後、6月に上海沖で海上公試を実施した。海上公試では、公海での速力や操舵性能を含めた航行機器や推進機関の性能試験が実施され、無事成功した。7月初旬には船舶管理会社が参加した、ガストライアルも実施した。

2021年末までに就航予定のこの船はフランス船籍で、南フランスのマルセイユ=フォス港を拠点として地中海域で運航が開始される予定。まずは、CMA-CGMのLNG燃料コンテナ船およびMSCクルーズが建造中の LNG燃料クルーズ船への燃料供給事業に従事することが決まっている。

全長135m、GTT Mark III型メンブレンタンクを採用しているこの船は、LNGを主燃料とし、発生するボイルオフガスを再液化できる環境に配慮した最新鋭船として、1隻目の世界最大のLNG燃料供給船「Gas Agility」の先進設計に準じているが、設計・建造経験を活かし、より多くの船型へ効率良くLNG燃料を供給できるよう改善されている。

Bureau Veritas が船級となるこの船は、建造・LNG供給のバリューチェーンにおいて様々なフランス企業の技術が使用されており、港湾当局からの協力も含め、フランス海事産業へ貢献するプロジェクトとなる。

なお、トタルエナジーズは公開会社として世界第2位のLNGプレイヤーであり、2025年には5000万トンの生産量と 10%の世界シェアとなる予定だ。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース