DHLジャパン/DHLエクスプレス2022年料金改定、平均4.9%増

2021年09月17日 

DHジャパンは9月17日、2022年1月1日から適用となる料金改定を発表した。

日本では、2021年と比較して平均で4.9%の値上げとなる。

この料金改定は、物価上昇や為替の変動などを考慮に入れて毎年見直しが行われており、DHLエクスプレスがサービスを提供している220を超える国と地域で要求されるセキュリティや規制に関連するコストなども紙している。各地域の状況により国ごとに異なる調整幅の改定が適用される。

また、今回の調整は、インフラ・ネットワークへのさらなる投資を行い、危機に対する耐性を強化するとともに、顧客の需要の増加に応じて必要なキャパシティを提供することにつながる。

DHLジャパンのトニー・カーン社長は「私たちは顧客にサービスエクセレンスをお届けするために絶えず努力をしており、危機にも対応できるようサービスの拡充のために定期的に投資を行っている」と述べている。

さらに「この年に一度の価格改定により、持続可能で強靭な業界最高クラスのサービスを確かなものにするための、インフラやテクノロジーへの投資が可能になる。最新鋭の航空機や車両の導入だけでなく、スピーディーな国際貨物輸送を求める顧客の要求に応えるための、ハブ空港やゲートウェイの能力向上への投資も含む」と語っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集