LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トランコム/求貨求車サービスで CTI 導入、物流 DX 強化

2021年10月06日/IT・機器

トランコムは10月6日、コア事業である物流情報サービス事業の配車業務の向上を目的として、pickuponの CTI システム「pickupon(ピクポン)」を8月に新規開設した情報センターに導入したと発表した。

<データ活用イメージ>
20211006trancom 520x245 - トランコム/求貨求車サービスで CTI 導入、物流 DX 強化

同社は、顧客の定期幹線輸送や波動対応のスポット輸送のニーズと、全国のパートナー企業の車両情報をマッチングする求貨求車サービスを提供している。このサービスは電話での情報取得が主であることから、配車業務のキーとなる電話対応において通話内容をデータ化することで、架電及び受電業務の視える化を図るとともに、基幹システムや分析ツールシステムと連携することで、取引先への対応力の向上、マッチング精度の向上を実現していく。

CTI 導入による効果として、基幹システムと連携してワンクリックで架電が可能。業務効率がアップする。また、受電の際は、取引先との取引状況が自動で表示。対応力向上につながる。さらに、取引先の声を「音声データ」として蓄積。AI 分析でニーズの抽出が可能となる。

トランコムグループは、長期ビジョンとして「はこぶ」仕組みの創造を掲げ、広く多くの荷主・物流会社に利用されるプラットフォーム構築の実現を目指している。これは、事業構想の核となる物流情報サービス事業の更なるサービスレベル向上を図ることを目的としている。

まず、8月に新規開設した静岡第2情報センター並びに高松情報センターで先行導入し、将来的には全国すべての情報センターへの導入を検討している。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース