ツナググループHC/ZMP中心の物流DXネットワークに参加

2021年10月25日 

アルバイト・パートを中心に採用業務代行を展開するツナググループHCは10月25日、ZMPを中心とした物流DXを支援するネットワーク「CarriRo Connecting Partners」に参加すると発表した。

「CarriRo Connecting Partners」とは、ZMPが中心となり、参加登録企業間での結びつきを強化することで、物流DXを支援するソリューションの付加価値の最大化を追求するネットワーク。

ZMPは、「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」ことをミッションに、物流支援ロボット「CarriRo」、無人フォークリフト「CarriRo Fork」、そして無人牽引車「CarriRo Tractor」と、ロボット技術や自動運転技術を応用して様々な製品群を開発・販売し、既に国内外で200社以上の企業に導入している。

ツナググループHCでは短期・単発専門求人サイトの運営や派遣事業を通じて、倉庫・物流企業における人財面の課題解決へ積極的に取り組んできた。今回「CarriRo Connecting Partners」への参加をきっかけに、物流DX分野においての支援を強化し、ツナグ社のもつ人材採用ノウハウやリソースを活かした「ロボ×人のソリューション開発」を行うことで、物流業界の人手不足解消へより一層貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集