LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.9%減、営業利益7億円増

2021年11月12日/決算

日本郵政が11月12日に発表した2022年3月期第2四半期決算によると、郵便・物流事業の売上高(営業収益)は9540億円(前年同期比0.9%減)、営業利益は72億円(12.5%増)となった。

<営業利益の増減分析(前年同期比)>
20211112yubin 520x498 - 日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.9%減、営業利益7億円増

売上高は、ゆうパックの減少による荷物の減収が国際郵便の引受再開による増収を上回り、前年同期を下回った。

営業利益は、コストコントロールの取組などで営業費用が減少した結果、前年同期比7億円増とほぼ横ばいとなった。

<取扱数量の推移>
20211112yubin1 520x257 - 日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.9%減、営業利益7億円増

取扱数量は総計で1.5%減。2020年度の新型コロナウイルスによる差出減の影響が一巡したこと等により、郵便は1.4%減、ゆうメールは2.8%増となった。

一方、ゆうパックは2020年度の巣ごもり消費増の反動等によって13.3%減(うち、ゆうパケットは22.7%減)と前年同期を下回った。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース