東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

2021年12月23日 

東京倉庫は12月24日、京浜運河沿いに位置する物流倉庫のライトアップを開始する。

<倉庫ライトアップイメージ>
20211223tokyosouko 520x362 - 東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

20211223tokyosouko1 520x324 - 東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

20211223tokyosouko2 520x299 - 東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

ライトアップは、東京都品川区勝島の本社敷地内で建設した「勝島5号倉庫」(テナント:日本通運)の竣工稼働に伴い開始するもの。

品川区勝島エリアでは近隣地域や自治体、企業によるライトアップのほか、大井競馬場の冬季イルミネーション「東京メガイルミ」など、明かりを用いた街づくり活動が盛んなことから、倉庫のライトアップによって同エリアの安全向上と地域社会への貢献に取り組む。

倉庫のライトアップは12月24日から通年実施。季節やイベントに合わせたカラーリング・演出で夜の運河沿道と水辺を彩る。

■ライトアップ概要
名称:東京倉庫ライトアップ -ヒカリノソウコ-水辺の物流倉庫とヒカリの共演
開始日:12月24日
点灯時間:日没から22:00まで

■勝島5号倉庫 概要
所在地:東京都品川区勝島1-4-3
敷地面積:1万7380.90m2
延床面積:1万1922.49m2
構造:S造一部SRC造、免震構造
階層:地上6階
竣工:2021年8月31日

<勝島5号倉庫外観>
20211223tokyosouko3 520x368 - 東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

20211223tokyosouko4 520x350 - 東京倉庫/京浜運河沿いの倉庫をライトアップ、12月24日から

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集