イオンモール/カンボジアで多機能物流センター事業を展開

2022年01月13日 

イオンモールは1月11日、イオンモールカンボジアが、カンボジアで、海外物流のプラットフォームとなる、同国初の多機能物流センター事業を展開することを決定したと発表した。

<物流センター完成予想図>
20220113aeon 520x308 - イオンモール/カンボジアで多機能物流センター事業を展開

この事業の展開にあたり、イオンモールカンボジアの100%子会社となる「イオンモールカンボジア ロジプラス」を設立する。

カンボジア政府は、持続可能な経済成長に向けた施策として同国最大貨物取引量を有し、開発の進むシアヌークビル港と、その後背地に位置する経済特区の一部を、自由貿易港(フリーポート)として一体的に運用する構想を日本政府、JICAの技術協力を受けるシアヌーク港湾公社と連携し検討を進めてきた。

イオンモールカンボジアロジプラスは同構想の実現に向けた最初のパイロット事業者となる。シアヌークビル港経済特区に保税機能を含む越境EC事業者に必要なライセンス、および通関代行やフルフィルメントセンター機能を備えた多機能物流センターを設置、運営する。

■概要
会社名:AEON MALL (CAMBODIA) LOGI PLUS CO ., LTD.
(イオンモールカンボジアロジプラス)
本社所在地:カンボジア王国シアヌーク州シアヌークビル港経済特区内
事業内容:物流センター運営、各種付帯サービスの提供

■物流センター概要
所在地:カンボジア王国シアヌーク州シアヌークビル港経済特区内
敷地面積 :約3万m2
建物設置者:AEON MALL (CAMBODIA) LOGI PLUS CO ., LTD.
開業予定日:2023年度中

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集