LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ギークプラス/CROOZ EC PartnersとEC向け物流センター開設

2022年02月07日/IT・機器

ギークプラスは2月7日、クルーズの100%子会社であるCROOZ EC Partnersと、自動棚搬送ロボット「EVE」を活用したEC向け物流センターを共同開設し、従量課金制での利用を実現したと発表した。

<両社のロゴ>
20220207geek 520x68 - ギークプラス/CROOZ EC PartnersとEC向け物流センター開設

<紹介動画>

EC需要は増加の一途を辿っており、CROOZ EC Partnersの物流センターでの出荷量が増加。伴った課題として、1.人員不足、2.多様化するEC事業者のあらゆる物流ニーズへの対応、が挙げられた。ギークプラスは、CROOZ EC Partnersと協業し、同社が提供する自動棚搬送ロボット「EVE」を倉庫現場に導入し、倉庫の自動化に向けてスタートした。

同社の自動棚搬送ロボット「EVE」を活用し、CROOZ EC PartnersとEC向け物流センターを共同開設した。一般的にはピッキング作業の内、80%の時間は作業者が歩いているだけの時間と言われているが、「EVE」が「人」に代わって商品を探し運搬することで、商品のピッキングに掛かる時間を大幅に削減することが出来る。また、「EVE」の場合、作業が平準化され、繁閑期やセールなどに伴うECの物流波動にも対応できる。それにより、EC事業者の抱える問題を解決できる倉庫現場が実現した。

共同プロジェクトにおける両社の役割は、CROOZ EC Partnersが「ギークプラスの『EVE』を用いた物流現場への誘致/営業」、「新規案件の現場構築に向けた要件定義」。ギークプラスが、「従量課金制のAGV(搬送ロボット)を用いた物流オペレーションの構築」、「EC物流のサービスレベル向上」だ。

CROOZ EC Partnersの工藤 武尊社長は「これまで当社では『出荷できない=ユーザーに遅れて届く』というEC物流ならではの課題を抱えていたが、ギークプラスさんとの共同プロジェクトによって解決の見通しが立った。繁忙期に物流がボトルネックで売上・販売が強化できない、といったクライアント側の課題を解決する、事業・売上の最大化に直結する物流センターであり、単純なコスト削減だけではないソリューションが魅力的になるのではないかと思っている」とコメント。

ギークプラスの佐藤 智裕社長は「EC配送サービス品質は改善したいが、自前のロボット投資はハードルが高い、そのような顧客の声をたくさん聞いていた。この度クルーズさんと共同で、 この様な物流課題への解決策として、従量課金制で利用できるロボット物流を提供するセンターを立ち上げることができた。このセンターでは、ロボットメーカーとしての知見を活かし、ロボット特性を加味したシステム連携やロジックの最適化を通じて、出荷効率/出荷キャパシティの最大化を図る。この取り組みにより配送リードタイム短縮、より安定したオペレーションの実現等の充実したサービスをEC利用者に届けられる仕組みを実現化できると信じている」と話している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース