LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

損害保険ジャパン/5G活用、自動配送ロボットの公道配送実証実施

2022年02月09日/IT・機器

損害保険ジャパンは2月9日、スマートシティ実現に向けて5Gを活用した自動配送ロボットの公道配送実証を実施すると発表した。

<使用する自動配送ロボット>
20220209sonpo1 520x227 - 損害保険ジャパン/5G活用、自動配送ロボットの公道配送実証実施

実証実験は、2021年8月、実証実験の代表企業であるティアフォーと、KDDI、損保ジャパン、小田急電鉄で実施する事業が、東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス(5G等活用サービス)実証事業」に採択されたことを受けて行うもので、「5G×自動配送サービスプラットフォーム」事業の構築に向けて共同で課題解決に取り組むことに賛同した川崎重工、ホテル小田急、公園財団を加え実施するもの。

7つの企業・団体は、ヒトの移動に加え、「モノが移動する」新たなスマートシティの実現に向け、自動配送サービスプラットフォーム事業の構築を検討している。この実証実験を通じて、技術面・運用面・事業面の課題抽出と対応方針の策定を行い、社会課題解決と新たな価値を創造する事業として、早期の社会実装を目指す。

実証実験は、まずユースケース検証として、1月22日、ハイアット リージェンシー東京が提供するホテル飲食ケータリングサービスと自動配送サービスを組み合わせ、これからの未来を担う新成人にスマートシティ化が進む西新宿の未来のライフスタイルを体感してもらう実証実験を実施した。実施にあたっては、より効率的で安全な配送を実現するため、5Gによる遠隔監視システムも活用した。今後、実証実験を通して抽出された課題や利用者からのフィードバックを踏まえ、技術面・運用面・事業面それぞれの観点でサービスの有効性を検証していく。

<技術・サービス検証のイメージ>
20220209sonpo2 520x227 - 損害保険ジャパン/5G活用、自動配送ロボットの公道配送実証実施

技術・サービス検証は、2月3日から2月10日まで実施。往路はKDDI新宿ビル付近から東京都庁第2本庁舎吹きまで。復路はその逆だ。自動配送ロボットが走行するうえでの自動運転リスクアセスメント、自動配送ロボット専用保険、災害発生時などを想定したトラブルサポートや情報配信サービスの提供を検討し、自動配送ロボットの社会実装を見据えたサポートサービスの検証を行っている。また、これまで多くの公道自動運転実証で培った走行技術、運行管理技術、5Gを活用した遠隔監視システムによる見守りサービス、自動配送ロボットにおけるPPP-RTK方式の高精度位置測位サービスの有用性検証も実施。

今後、7つの企業・団体は自動配送ロボットによる新たな配送サービス事業の実用化にむけた課題について、技術面・運用面・事業面でのさらなる洗い出しと対応方針の策定を行い、社会課題の解決やスマートシティの実現に向けて貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース