LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大阪ガス都市開発・三井不動産/大阪市此花区に物流施設開発

2022年05月26日/物流施設

大阪ガス都市開発と三井不動産は5月26日、大阪市此花区に「(仮称)大阪市此花区酉島物流施設」を開発することを決定したと発表した。

同計画は、大阪ガス都市開発初の物流施設事業であり、三井不動産の物流施設事業としては初の関西圏での共同事業となる。着工は2022年12月、竣工は2024年2月の予定。

<「(仮称)大阪市此花区酉島物流施設」完成イメージ>
20220526Oosakagasu Mitui1 - 大阪ガス都市開発・三井不動産/大阪市此花区に物流施設開発

<位置図>
20220526Oosakagasu Mitui2 - 大阪ガス都市開発・三井不動産/大阪市此花区に物流施設開発

立地は、大阪市此花区酉島に大阪ガスが所有する土地の一画。大阪駅まで7kmと大阪都心部へのアクセスが良好で、かつ阪神高速5号湾岸線「湾岸舞洲」出入口まで3.9kmと、都市部および広域への配送双方に対応可能な物流適地。また、近隣に競合物件が少なく、大阪シティバスの「常吉一丁目」バス停から徒歩6分と従業者の通勤利便性に優れており、人材確保にも優位性がある。

同計画では、Daigasグループおよび三井不動産グループが目指す脱炭素社会実現への取り組みとして、太陽光発電設備等を設置し施設共用部に使用する電力をグリーン化。CASBEE大阪みらいに加えて、ZEB認証(Nearly ZEB)、DBJ Green Building認証の取得も予定している。

また、ICTを活用した最新のセキュリティシステムの導入、新型コロナウイルス感染症対策として換気性能向上や非接触型エレベーター、サーマルカメラの設置を検討している。

なお、大阪ガス都市開発は、分譲・賃貸マンションやオフィスビルなどの物件開発や運営・管理など不動産事業を幅広く展開しており、2021年から事業領域の拡大を目的に物流施設事業を立ち上げた。同計画が初の開発物件となる。

大阪ガス都市開発と三井不動産は、同計画を通じて持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

■施設概要
名称:(仮称)大阪市此花区酉島物流施設
所在地:大阪市此花区酉島5-121-2ほか(地番)
敷地面積:2万6830m2
延床面積:5万9200m2
規模:地上4階建
着工:2022年12月予定
竣工:2024年2月予定

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース