LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井ほか/「さんふらわあ くれない」へのLNG燃料供給を開始

2022年12月22日/IT・機器

PR記事

商船三井が発注し、商船三井のグループ会社であるフェリーさんふらわあが運航する日本初のLNG燃料フェリー2隻のうち第1番船「さんふらわあ くれない」は12月22日、大分県別府港(第三埠頭北岸岸壁)において、九州電力から、初めてLNG燃料の供給を受けた。

<タンクローリー4台とスキッドによるLNG燃料供給の様子>
20221222mol1 520x385 - 商船三井ほか/「さんふらわあ くれない」へのLNG燃料供給を開始

20221222mol2 - 商船三井ほか/「さんふらわあ くれない」へのLNG燃料供給を開始

LNG燃料供給にあたっては、国内で初めてスキッドと呼ばれる導管装置を用いてタンクローリー4台と本船を接続し、Truck to Ship 方式で行った。従来のLNG燃料船とタンクローリーを1台ずつ繋いでLNG燃料の供給を受ける方法とは異なり、スキッドを用いることで、この船は同時に4台のタンクローリーからより短時間でLNG燃料の供給を受けることが可能になった。LNG燃料は、九州電力のグループ会社である大分エル・エヌ・ジーからタンクローリーで出荷し、燃料輸送及び本船への供給作業については、ニヤクコーポレーションが実施した。

この船は、フェリーさんふらわあが運航する大阪~別府航路に投入され、2023年1月13日の大阪発別府行きより営業航海を開始する。それ以降は原則として別府港への寄港時にLNG燃料供給を受ける。なお、今回供給されたLNG燃料については営業航海開始に向けた試運転用として使用する予定だ。

LNG燃料は、硫黄酸化物をほぼ排出せず、従来の燃料油に比べて二酸化炭素の排出量を約25%削減できるなどのGHG排出削減効果を有しており、現時点で船舶燃料の低炭素化を実現する最も有効な燃料。商船三井、フェリーさんふらわあ、九州電力は、今後とも環境負荷の低いLNGを積極的に使用し、低炭素社会の実現に貢献していく、としている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース