LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





三菱造船/国内初のメタノール燃料RORO船2隻を受注

2024年06月18日/IT・機器

三菱造船は6月18日、国内初のメタノールを燃料に使うRORO船を計2隻受注したと発表した。トヨフジ海運と福寿船舶が導入するもので、2027年度中に完成、引き渡しの予定。

<契約調印式の様子=左から武市栄司 トヨフジ海運社長、奥村恭史 福寿船舶社長、上田伸 三菱造船社長>20240618mitsubishi - 三菱造船/国内初のメタノール燃料RORO船2隻を受注

メタノールを燃料とするRORO船は、世界を航行する外航船では既に運航が開始されているが、内航船の建造は初めてとなる。

主機関には、メタノールとA重油それぞれを燃料として使用できる高性能デュアルフューエルエンジンを搭載。

同じ船型で重油を使用した場合と比較して、CO2排出量を10%以上削減、環境負荷の低減に貢献する。

将来的には、グリーンメタノールを活用することで、CO2排出量の更なる削減につなげることもできるという。

また従来船に比べて積載台数を大幅に増やし、乗用車約2300台の積載能力を有している。1航海当たりの輸送能力が増えることで配船スケジュールに余裕が生まれ、乗組員の働き方改革にも貢献する。

三菱造船としては今後も、陸上輸送のCO2削減、人手不足や働き方改革を背景とした海上モーダルシフトのニーズに取り組むとしている。

■新造船の概要
船種:ロールオン・ロールオフ貨物船
全長:約169.9m
全幅:約30.2m
総トン数:約1万5750トン
車両台数:約2300台
航海速力:最大21.0ノット

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース