LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





SHKラインG/紙カップ・紙製品製造の日本デキシーが海上輸送活用

2024年06月21日/3PL・物流企業

日本デキシーと東京九州フェリーは、 東京九州フェリーと同じSHKライングループのマリネックスを通し、栃木県真岡市の工場から九州までの輸送を、一部フェリーを活用した海上輸送へ切り替えた。

<東京九州フェリー はまゆう>
20240621shk1 - SHKラインG/紙カップ・紙製品製造の日本デキシーが海上輸送活用

従来まではトラックによる陸送だったところ、横須賀発新門司行のフェリー(海上輸送)の活用を開始。労働時間削減による省力化・2024年問題へのアプローチと、CO2排出量削減という、 2つの社会問題の解決に貢献している。

<フェリーを利用した海上輸送による労働力の省力化イメージ>
20240621shk2 - SHKラインG/紙カップ・紙製品製造の日本デキシーが海上輸送活用

<船舶とトラック輸送における輸送量当たりの二酸化炭素の排出量>
20240621shk3 - SHKラインG/紙カップ・紙製品製造の日本デキシーが海上輸送活用

フェリーにトレーラー(シャーシ・荷物部分)のみを積載することによる省力化、労務問題の解決等を行っている。

また、トラックによる陸上輸送に比べ、船舶による海上輸送は、二酸化炭素の排出量が約1/5となるため、 長距離間を一部海上輸送にシフトすることにより、大きく二酸化炭素の排出量削減につながるとしている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース