DHLサプライチェーン/アパレル物流センター、生産性25%向上

2011年11月07日 

DHLサプライチェーンは11月7日、首都圏にある同社のファッション・アパレル企業向けの物流センターで、出荷業務の精度向上、作業の効率化を図り、3か月で約25%サプライチェーンの生産性向上を実現したと発表した。

同社では、ファッション・アパレル向けに、音声物流システム導入を始めとするさまざまな業務プロセス改善施策を実施し、今回の実現に至ったもの。

従来はハンディターミナルを使用して、精度の高い仕分け作業を行っていたものの、作業時に手と目が完全にフリーとなる音声物流システムによる仕分けで、出荷処理の更なる迅速化、精度向上を実現した。

2010年9月から音声物流システムを本稼働しているが、従来のハンディターミナル画面を見て、商品タグ、棚ロケーションバーコードなどのスキャンを複数回行う業務フローが大幅に簡素化された結果、高い精度を維持したまま生産性が大幅に向上し、音声指示により作業員が仕分け作業に集中できるようになった。

また、作業員のトレーニングにおいても大幅に時間が短縮され、初心者であっても高いレベルで作業を行えるようになった。

なお、DHLサプライチェーンでは、ファッション・アパレル業界向けロジスティクスメニューの拡充をかねてより進めており、最近では、成長を続けるe コマースへより柔軟に対応する業務ソリューションを提供するため、ダイアモンドヘッド社と業務提携した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集