オリックス/大阪府箕面市に6.3万m2の物流施設開発

2020年02月27日 

オリックス不動産は2月27日、大阪府箕面市で延床面積約6.3万m2 の大型物流施設「(仮称)箕面ロジスティクスセンター」を開発すると発表した。

<「(仮称)箕面ロジスティクスセンター」外観イメージ>

「(仮称)箕面ロジスティクスセンター」外観イメージ

<広域地図>

広域地図

<詳細地図>

詳細地図

2020年11月に着工、 2022年3月の竣工を予定している。

この物件は、大阪市中心部から25km圏内に位置し、新名神高速道路「箕面とどろみ」ICから約2.2km、阪神高速道路「池田木部」ICから約7.2km、中国自動車道「中国池田」ICから約13.5kmと、物流拠点としてのアクセスに優れている。

新名神高速道路は、2023年度に「高槻」から「八幡京田辺」JCT間の開通が予定されており、阪神間および名神、西日本広域への配送拠点として、交通利便性の飛躍的な向上が見込まれている。近接する大阪府の箕面森町住宅地区は、宅地の分譲、小・中一貫校の設置などにより人口が増加しているエリアであり、雇用確保の点でも有利な環境を有している。

地上4階建て、最大5つのテナントが入居可能な計画。工業団地内に立地していることから、24時間運営が可能な施設であり、渋滞を回避する夜間配送といったニーズにも対応可能だ。施設や設備の詳細は、今後決定次第知らせるという。

■施設概要
名称:(仮称)箕面ロジスティクスセンター
所在地:大阪府箕面市下止々呂美
交通手段:新名神自動車道「箕面とどろみ」ICまで約2.2km、 阪神高速道路「池田木部」ICまで約7.2km、 能勢電鉄妙見線「ときわ台駅」まで車で約7分(約3.5km)
敷地面積:約2万8200m2
延床面積:約6万3700m2
規模・構造:地上4階建て、 鉄骨造
その他:床荷重1.5t/m2 梁下有効高5.5m
着工:2020年11月(予定)
竣工:2022年3月(予定)

最新ニュース

物流用語集