EVトラック/中部電力、丸紅、名鉄運輸、エスラインで実証実験

2020年04月09日 

中部電力と丸紅が共同で設立した合同会社フリートEVイニシアティブ(FEVI)は4月9日、名鉄運輸とエスライングループのエスライン各務原とEVトラックの最適運用に関する実証を開始した。

この実証は、FEVIが名鉄運輸とエスライン各務原のEVトラックを用いて、物流事業でのEVトラックの運用に関する知見を得ることを目的に実施するもの。

<急速充電による車両稼働率の向上>
急速充電による車両稼働率の向上

運行スケジュールに応じた最適な充電方法を検討し、急速充電による車両稼働率の向上効果、電力消費のピークコントロールによる電気料金の抑制効果、車両電動化に伴うCO2削減効果などを実証する。

FEVIは、物流・運輸事業者等の車両電動化を通じて、CO2削減に貢献するとともに、電動車両の蓄電機能を活用したBCP対策や再生可能エネルギーのさらなる活用についても提案を進めていくことで、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。

実証内容は、「運行スケジュールに応じた最適な充電方法を検討することで以下の効果を実証」「急速充電による車両稼働率の向上効果」「電力消費のピークコントロールによる電気料金の抑制効果」「車両電動化に伴うCO2削減効果」の4項目。

■実証の概要
実証期間:2020年4月9日~2022年3月31日(予定)
実証場所:名鉄運輸 名古屋東支店(愛知県長久手市・名古屋市周辺を運行)、エスライン各務原 本社営業所(岐阜県各務原市周辺を運行)
使用車種:三菱ふそうトラック・バス株式会社製 eCanter
(名鉄運輸:2台、エスライン各務原:1台)

■役割分担
FEVI:実証の運営ならびに効果検証、急速充電器の設置など
名鉄運輸・エスライン各務原:EVトラックの準備・運行、運行データの提供など

最新ニュース

物流用語集