マンハッタン・アソシエイツ/クラウド型WMSの国内販売開始

2020年11月19日 

マンハッタン・アソシエイツは11月18日、クラウドネイティブ型WMS「Manhattan Active WM(Warehouse Management )」の日本国内での販売を開始した。

「Manhattan Active WM」は、マンハッタン・アソシエイツが5月に発表したクラウドネイティブ型の倉庫管理ソリューション。マイクロサービスアーキテクチャの採用で、アップグレードなしに常に最新の機能を利用できるバージョンレス化を実現。また、ユニファイドダッシュボードやゲーミフィケーションといった先進のテクノロジーを活用した数々の新機能を有している。

仏・ロレアル社が2023年末までに全世界のディストリビューションセンターでの導入を計画しているなど、「Manhattan Active WM」は欧米のグローバル企業での積極的な採用が進んでおり、今回、欧米企業からの高い評価を背景として日本国内での販売を開始した。

最新ニュース

物流用語集