CBcloud、JAL、三菱地所/ニューノーマルの手荷物当日配送

2020年11月30日 

CBcloud、日本航空(JAL)、三菱地所は11月30日、ニューノーマルに対応した旅行の実現を目指し、手荷物当日配送サービスの実証実験を実施すると発表した。

<サービス概要>
手荷物当日配送サービス

第一弾として、羽田=高松線で12月1日からサービス提供を開始する。このサービスは、出発空港等で預けた荷物を滞在先ホテルなどへ直接届けることで、旅行者の利便性向上に寄与することを目指したもの。配送の申込や決済のオンライン化によって手荷物の預かりと受け取りの手続きを簡素化し、係員と旅行客のやりとりを短縮することで接触機会の低減を図る。

12月1日~25日にかけて実施する実証実験では、出発空港までと到着空港から目的地までの陸路配送にCBcloudが提供する荷主と配送パートナーのマッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を活用し、サービスの内容と価格(荷物1個あたり1500円)の受容性や、事業者間の連携とオペレーション体制の確認について実証していく。

■各社の役割
CBcloud:荷主と配送パートナー(ドライバー)をつなぐマッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を活用し、出発空港まで、また到着空港から目的地までの陸路配送の提供・運営
JAL:サービス全体企画、対象路線ご利用のお客さまへのプロモーション予約・決済サービス提供
三菱地所:荷物預入・受取を通じた街の関係人口に対する移動拠点の提供・運営

最新ニュース

物流用語集