東京建物/埼玉県久喜市で7万m2物流施設が満床稼働

2020年12月02日 

東京建物は12月2日、埼玉県久喜市で7月に開業した物流施設開発事業第1弾の「T-LOGI(ティーロジ)久喜」が、10月に満床稼働となったと発表した。

<T-LOGI久喜>
T-LOGI久喜

T-LOGI久喜

<周辺図>
T-LOGI久喜

既存のテナントに加え、福島県に本社を置く運送・倉庫会社のヤナイが10月1日から新たに入居を開始し、竣工後3か月で総延床面積7万m2が満床となった。

T-LOGI久喜は久喜菖蒲工業団地内に位置し、東北自動車道「久喜IC」から2km、圏央道「白岡菖蒲IC」から3.4kmと高速道路にアクセスしやすい立地。

近隣には住宅地が広がっており施設の雇用確保の面からも優位性がある立地で、建物内部には従業員の憩いの場となる「ラウンジ」も整備してある。

<T-LOGIシリーズの開発予定物件>
T-LOGIシリーズ

東京建物は、T-LOGI久喜のほか、12月1日に第2弾物件の「(仮称)T-LOGI習志野」の建設に着手した。また、着工前のプロジェクトとして「(仮称)T-LOGI横浜青葉」「(仮称)T-LOGI綾瀬」「(仮称)T-LOGIあきる野」を推進しているほか、新たに千葉県習志野市と千葉市花見川区でも物流施設開発用地を確保している。

今後は、強みとする用地情報取得ネットワークをより一層活用しつつ、今後関東圏のみならず国内主要物流集積地を中心に立地を厳選し、物流施設の開発を積極展開していく方針。

■T-LOGI久喜
所在地:埼玉県久喜市河原井町8
アクセス:東北自動車道「久喜IC」2km
圏央道「白岡菖蒲IC」3.4km
敷地面積:3万3100m2
構造・階数:鉄骨造、地上4階建て
延床面積:7万700m2
開業:2020年7月1日

 

 

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集