ギークプラス/AI物流ロボットの日本シェア7割で2年連続1位

2020年12月17日 
関連キーワード:

ギークプラスは12月17日、AI物流ロボットの国内シェアで2018・2019年と2年連続のトップシェアを達成したと発表した。

<ギークプラスのAIロボット>
20201217geek 520x346 - ギークプラス/AI物流ロボットの日本シェア7割で2年連続1位

<国内市場 販売数量(2019年実績)※富士経済調べ>
20201217geek1 520x273 - ギークプラス/AI物流ロボットの日本シェア7割で2年連続1位

国内販売数量・金額で2018年は5割、2019年は7割のシェアを獲得し、販売台数も約1.5倍に増加した。

AI物流ロボットは、人口減少や少子高齢化に伴う労働力不足の深刻化に加え、コロナ禍での「巣ごもり消費」の増加によるEC・通販利用の増加、運輸・倉庫業界でのコスト削減によって需要が拡大。富士経済の「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望2020」<次世代物流ビジネス・システム市場規模推移> (日系グローバル市場)によると、2020年に約5798億円を見込む次世代物流市場は2025年には約9442億円まで伸長が想定されており、今後も成長が見込まれている。

<ギークプラスの製品群>
20201217geek2 520x174 - ギークプラス/AI物流ロボットの日本シェア7割で2年連続1位

ギークプラスでは、棚移動型ロボットシステムのほかにも、パレットやオリコン搬送ができるムービングシステム、商品の無人自動仕分けを行うソーティングシステム、自動運転のフォークリフトなどの製品を取り扱っており、あらゆる顧客のニーズに対応するため製品開発を進めているとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集