日本GLP/埼玉県北本市で5.5万m2物流施設を満床竣工

2021年07月21日 

日本GLPは7月21日、埼玉県北本市で延床面積5万5000m2のマルチテナント型物流施設「GLP北本」の竣工式を開催した。

<GLP北本>
20210721glp 520x354 - 日本GLP/埼玉県北本市で5.5万m2物流施設を満床竣工

GLP北本には工作機器や住宅設備等の専門商社である山善、ホームセンター事業を展開するカインズ、北本市を拠点にロジスティクス事業を展開するアドビュート(日本ロジステックの転貸先)の入居が決定し、竣工前に満床となっている。

同施設では、周辺エリアに小・中規模スペースへのニーズが高い傾向を踏まえ、最小区画面積を3960m2に設定したことで、需要に対し柔軟な対応を可能にした。

各分割区画には垂直搬送機と荷物用エレベーターを標準設置することで縦搬送能力を高めており、2階へのスロープを用いたアクセスによって2フロア(1-4階、2-3階)での効率的なオペレーションを実現。トラックバースは、1階を両面バース、2階を片面バースとしたことで、通過型・在庫型双方の物流センター需要に対応している。

環境面では、LED照明の一部に人感センサー制御を採用し省エネに配慮したほか、施設外観には森をイメージしたデザインを取り入れ、緑地との調和を図ることで周辺環境に配慮した。

また、快適で安全・安心な就労環境を整備するため、庫内に大型シーリングファンを装備したほか、施設内にカフェテリアを設置、共用部には感染症対策として抗ウイルス対策のコーティングを施した。

所在地は都心から40km圏内で、圏央道「桶川加納IC」から2.7km、「桶川北本IC」から4.9km、国道17号線まで1kmと、物流拠点として恵まれた立地。また、JR 高崎線「北本駅」から2.9km、「桶川駅」から2.3km、住宅エリアからも至近で、雇用確保の点でも優位性の高い施設となっている。

<締結式 日本GLP 帖佐義之社長(左)、三宮幸雄 北本市長(右)>
20210721glp1 520x348 - 日本GLP/埼玉県北本市で5.5万m2物流施設を満床竣工

また、GLP北本は北本市のハザードマップ上でも洪水や地震、液状化など災害による危険度が極めて低いと想定されるエリアに立地しているが、防災センターでの24時間有人警備や、非常用発電機によるバックアップ電源の確保など、さまざまなBCP機能を整えている。

日本GLPは7月21日付で北本市と「災害時における支援物資の集積・輸送拠点等に関する協定」を締結しており、同施設の倉庫スペースを緊急支援物資の一時保管施設として提供することで、緊急時の迅速で確実な体制の構築を支援する。日本GLPが自治体と災害協定を締結したのは9施設目。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「GLP北本が竣工とともに満床を迎えられたことを、大変嬉しく思います。また、北本市と災害時防災協定を締結し、地域の安心・安全の確保に貢献できることは、地域との共生を目指す施設の開発を行っている我々にとって大変意義のあることです。引き続き物流オペレーションの効率化の向上の一助となる施設を提供するとともに、地域との共生を目指し、周辺エリアの一層の発展に向けて努力して参ります」とコメントした。

■GLP北本 概要
所在地:埼玉県北本市下石戸6ー316ー2他
敷地面積:2万5054.76m2
延床面積:5万4478.05m2
構造:地上4階建て、耐震・鉄骨造
着工:2020年5月
竣工:2021年6月
認証取得:CASBEE(新築)認証取得(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集