LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎重工/川崎汽船とLPG焚きLPG・LAG運搬船の造船契約

2021年08月23日/IT・機器

川崎重工業は8月23日、LPG(液化石油ガス)を燃料に使用する8万6700m3型LPG/LAG(液化アンモニアガス)運搬船の第1番船の造船契約を、川崎汽船と締結したと発表した。

<LPG燃料 LPG/LAG運搬船の完成イメージ>
20210823kawasaki 520x367 - 川崎重工/川崎汽船とLPG焚きLPG・LAG運搬船の造船契約

同船は坂出工場で建造し、2023 年に竣工予定。竣工後は、川崎汽船が定期傭船契約を締結しているジクシス社向けのLPG運搬船として運用する。

同船は、低炭素なエネルギーとして活用されているLPGと、脱炭素社会の新たな燃料として将来的に活用が期待されるアンモニアを同時に運搬することが可能。世界の主要LPGターミナルに入港できるよう、全長や幅などの船体主要目を大きく変えることなく、従来船型よりもカーゴタンクの容積を増量する。

燃料にはLPGと低硫黄燃料油を使用。LPGを燃料とする場合、燃料油使用時に比べ、排気ガス中の硫黄酸化物(SOx)やCO2などの排出量を大幅に削減可能。SOx排出規制への対応に加えて、2022年にさらなる規制強化が予定されているCO2排出量規制に関してEEDIフェーズ3に適応している。

■主要目
全長:230.00m
幅:37.20m
深さ:21.90m
夏期満載喫水:11.65m
カーゴタンク容量:8万6700m3

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース