ESR/多国籍アマチュアサッカーリーグと冠スポンサー契約

2021年08月26日 
関連キーワード:

ESRは8月26日、Footy Japan(フティージャパン)が主催する多国籍のアマチュアサッカーリーグ「Tokyo Metropolis League(TML)」とそのカップ戦「Footy Japan CUP(FJカップ)」の複数年のスポンサーシップ契約を締結したと発表した。

<ESR Tokyo Metropolis Leagueロゴ>
20210826esr1 - ESR/多国籍アマチュアサッカーリーグと冠スポンサー契約

<ESR FJ CUP ロゴデザイン>
20210826esr2 - ESR/多国籍アマチュアサッカーリーグと冠スポンサー契約

Footy Japan は日本の国際社会に、組織的な競技サッカーのインフラを提供することを目的とし 2004年に設立設。また、様々な目的のためのプロモーションやチャリティー支援のプラットフォームとして、サッカーを通じた国際関係の強化とメンバー間のコミュニケーションを促進することを目指し、同2004年からTMLがスタートした。

<活動の様子>
20210826esr3 520x347 - ESR/多国籍アマチュアサッカーリーグと冠スポンサー契約

<多国籍の人々で構成されたチーム同士で競技>
20210826esr4 520x347 - ESR/多国籍アマチュアサッカーリーグと冠スポンサー契約

2004年のTML設立当時、日本のアマチュアサッカーリーグは言葉の壁やサッカー文化の違いから、外国人選手が登録して試合をするのは非常に難しいという状況だった。TMLは東京で唯⼀の国際的なアマチュアリーグであり、今では3つのディビジョンに30チームが所属し、10代後半から50代半ばまでの様々な国籍やビジネスバックグラウンドを持つ約600名の選手が登録している。

また、J リーグやイングランドのプレミアリーグなど欧州リーグ等海外で活躍した元プロ選手も多く参加している。中にはリバプール、ユベントス、バルセロナのコーチ経験者もいる。

FJカップは、TMLのチームが他のディビジョンのチームと互角に戦えるノックアウト式で、昔ながらのカップ戦の魅力を味わうことができる場を提供することを目的に2004年にスタートし、TML と同じく今年17回目を迎える。

この契約に基づき、ESRはTMLとFJカップのネーミングライツを取得し、本年8月より「ESR Tokyo Metropolis League」「ESR FJ CUP」という名称で展開していく。

ESRのスチュアート・ギブソンCEOは「世界中の何百万人もの人々に愛されているサッカーというチームスポーツを通じて、日本で国籍・世代を超えた交流の場・コミュニティを作り、志を同じくする人々を結びつけるという素晴らしい仕事を長年にわたって行ってきた Footy Japan の真摯な姿勢は、ESRのポリシーでもある、ダイバーシティ、インクルージョンの考えと⼀致している。コロナ禍においても、人々がスポーツを楽しみ、交流する場を消さずに応援し、スポーツを通じてのグローバルなコミュニティとしてより発展できるよう支援したいと考え、今回のパートナーシップに至った。この素晴らしいチームと協力して、日本の国際社会におけるダイバーシティとインクルージョンの促進に取り組み、よりよい社会作りに貢献できることを楽しみにしている」。

さらに、「ESR は先進的な高品質の物流施設を開発するだけでなく、本業以外でも「Human Centric(人を中心に考える)」に重きを置いて行動し、より良い地域社会作りに貢献することも目指している。当社のリソースを活用しながら、アジア太平洋地域で社会に前向きな変化をもたらす素晴らしい活動を、今後も積極的に支援していきたい考えている」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集