日本GLP/神奈川県平塚市で3.6万m2と2.8万m2の物流施設開発

2021年09月07日 

日本GLPは9月7日、神奈川県平塚市で先進的物流施設「GLP 平塚II」および「GLP 平塚III」の開発を行うと発表した。

<「GLP 平塚II」「GLP 平塚III」完成イメージ>
20210907glp1 520x369 - 日本GLP/神奈川県平塚市で3.6万m2と2.8万m2の物流施設開発

<「GLP 平塚II」「GLP 平塚III」配置図>
20210907glp2 520x397 - 日本GLP/神奈川県平塚市で3.6万m2と2.8万m2の物流施設開発

両施設の延床面積はそれぞれ約3万6000m2および約2万8000m2で、「GLP 平塚II」は2023年6月、「GLP 平塚III」は 2023年8月に竣工を予定している。投資総額は両施設合わせて約180億円。

「GLP 平塚 II・III」は、新東名高速道路「厚木南 IC」から約1.5km、圏央道「寒川北 IC」より約4.0kmの場所に位置し、首都圏を含む広域配送が可能な立地にあり、物流拠点として優れた立地にある。また、周辺には物流関連会社が多いことから、それら企業との連携によるサプライチェーンの効率化も期待できる。さらに、路線バスの運行本数が豊富なことに加えて、施設周辺は住宅地や大規模商業施設が複数あることから地域住民が集まりやすく、雇用確保の点からも優位性がある。

「GLP 平塚II・III」は、「GLP 平塚I」に続き、「ツインシティ大神地区土地区画整理事業施行地区内」に建設される。平塚エリアは物流適地であり、周辺に物流施設の開発が相次いでいるが、引き続き幅広いテナントニーズが見込める。その中で、「GLP 平塚II・III」は、日本GLPが蓄積した施設開発のノウハウと平塚エリアでの知見を生かすだけではなく、Green“Good for the Environment”をコンセプトとして、地球環境・地域環境・就労環境の3つの環境の側面を設計段階から施設稼働後まで配慮し、地域・入居企業と共にGreenを実現する様々な施策を検討して、高い環境配慮と持続性を有する施設づくりを目指す。

具体的にはまず、設計段階から高性能断熱や自然採光などの省エネ設計を取り入れ、地球環境に配慮した施設の土台を整える。建設段階でも積極的に環境負荷の低減を図りCASBEE認証や ZEB認証などをはじめとする各種グリーン認証の取得を予定している。

就労環境の面では、最寄りの公共交通機関からの通勤アクセスを整え入居企業の雇用をサポートする。また、快適かつ低エネルギーの庫内環境を追求して、施設内には大型シーリングファンを装備し、庫内窓の設置により庫内に自然光を取り入れる。

施設全体にはバイオフィリックデザインを採用し、シンボリックな建物外観を計画、また、外構にはグリーンウォールや緑道を設け、働く人々だけでなく地域の人々も利用いただけるように開放するなど、平塚市の魅力的な街並みづくりに貢献する。

「GLP 平塚II・III」の施設の特徴は、4層のボックス型でECや流通加工ニーズなどさまざまな業種に対応できる、ハイブリッド型施設として開発。入居対象業種としてはECに加えて3PLを始め食品、日用品、飲料など多様な業種に適応する仕様となっている。

■施設概要
施設名 :「GLP 平塚II」
所在地 :神奈川県平塚市大神
敷地面積:約1万7800m2
延床面積:約3万6000m2
構造:地上4階建て、耐震鉄骨造
着工:2022年5月(予定)
竣工:2023年6月(予定)
認証取得:CASBEE認証(予定)、BELS5Star(予定)、ZEB認証(予定)

施設名:「GLP 平塚III」
所在地 :神奈川県平塚市大神
敷地面積:約1万3700m2
延床面積:約2万8000m2
構造:地上4階建て、耐震鉄骨造
着工:2022年7月(予定)
竣工:2023年8月(予定)
認証取得:CASBEE認証(予定)、BELS5Star(予定)、ZEB認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集