プロロジス/茨城県つくば市に15.7万m2のZOZO専用物流施設

2021年09月10日 

プロロジスは9月10日、茨城県つくば市において、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOと賃貸借契約を締結し、同社専用(BTS型)物流施設「プロロジスパークつくば3」として、開発を進めると発表した。

<「プロロジスパークつくば3」完成予想パース>
20210910prologis 520x293 - プロロジス/茨城県つくば市に15.7万m2のZOZO専用物流施設

「プロロジスパークつくば3」の開発地は、圏央道と常磐道のクロスポイントに位置している。圏央道「つくば中央」ICからわずか2.0㎞、常磐道「谷田部」ICから約5.8㎞の地点に立地しているため、北関東方面への配送に加えて、圏央道を利用して都心部を経由することなく東西広域および東日本全域をカバーすることが可能になり、広域戦略拠点としても活用可能な物流適地。

開発地は、つくばエリアの中心駅であるつくばエクスプレス線「研究学園」駅より約1.3㎞と通勤利便性にも優れている。つくば市は人口増加が続いており、生産年齢人口の割合が高く、開発地から自動車10分圏内に複数の住宅地が立地している。また、圏央道の他の物流ハブのように大型物流施設が集中していないため、雇用確保にも有利な環境だと言える。さらに、浸水や液状化の可能性が極めて低く、周辺に活断層がないことから、事業継続計画(BCP)の観点からも優れた立地。

プロロジスはこれまでに、つくば市内においてZOZOの専用(BTS型)物流施設として「プロロジスパークつくば1-A」「プロロジスパークつくば1-B」「プロロジスパークつくば2」の3棟の施設を開発している。「プロロジスパークつくば3」は、これらの既存施設と合わせてZOZOのアパレルEC配送での基幹拠点のひとつとなる予定だ。

「プロロジスパークつくば3」は、約6万8500m2の敷地に5階建て約15万7000m2のBTS型物流施設として開発する。ダブルランプウェイを備え、45フィートコンテナセミトレーラーおよび21mフルトレーラーを含む大型車両が直接各階にアクセス可能な設計とし、今後のカスタマーの庫内設備拡充を考慮してノンブレースの建物構造を採用した。また、垂直搬送機を8台設置し機能性の高い施設としている。さらに、施設内にはカフェテリアや休憩室を設けるほか、駐車場を約560台整備し、働く人々の快適性と通勤利便性に配慮した計画とする。

BCPの観点から、非常時の発電機燃料として地下に大型オイルタンクを備える予定。地下オイルタンクの設置により、防災センターや入居企業の事務所エリアなどへ最大約7日分の電力供給が可能となり、供給量が大幅に向上する。備蓄燃料は、震災等による停電時に、施設入居企業へ提供するほか、プロロジスが運営する周辺の物流施設への移送も想定している。さらに、断水時にも約30日間トイレが使用できるよう給水設備を整える予定だ。

ESG推進の取り組みから環境負荷軽減にも配慮し、倉庫内への人感センサー付きLED照明の設置や、屋根面には約3.9メガワットの太陽光発電を備える予定。また、省エネルギーに寄与し、効率的な倉庫運営をサポートするために、気温・湿度・雨量・風速・地震などの環境データや電気・水の使用量をリアルタイムで取得・分析可能な「プロロジススマートボックス」の導入を検討している。

学術・研究都市であるつくばの立地特性を活かした機能として、プロロジスが施設内の一部に、最新技術の実証実験などを行うためのラボスペースや、インキュベーションにも寄与するシェアオフィス・スモールオフィスなどの整備も検討している。

■概要
名称:プロロジスパークつくば3
開発地:茨城県つくば市御幸が丘34
敷地面積:6万8512.91m2
計画延床面積:15万7313.11m2(内約13万7000m2がZOZO専用)
構造:地上5階建
着工:2021年9月
竣工予定:2023年1月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集