ANA/貨物便燃料にSAF、日通等3社と第1便を運航

2021年10月14日 

ANAは10月14日、持続可能な航空燃料であるSAF(Sustainable Aviation Fuel)を活用して産業バリューチェーンのCO2排出量削減に顧客と共同で取り組む新プログラム「SAF Flight Initiative:For the Next Generation」を立ち上げたと発表した。

<第1弾となるSAFを使用した貨物便のフライト>
20211014ana 520x280 - ANA/貨物便燃料にSAF、日通等3社と第1便を運航

新プログラムの第1弾として、日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクスの3社と、SAFを使用した貨物便を9月29日に共同で実施した。SAFを使用したフライトの運航を顧客と共同で実現したのは日本の航空会社として初の取り組み。

新プログラムでは、顧客企業の脱炭素化に向けた取り組みをサポートし、また、産業横断的にSAFの生産と活用拡大に取り組んでいくことを目的としている。

新プログラムには従業員の出張等を対象とした「コーポレート・プログラム」と、事業のバリューチェーンにおける輸送や配送を対象とする「カーゴ・プログラム」があり、それぞれANAと法人契約を結ぶことで参加が可能。参加企業には、第三者機関の認証を受けたCO2削減証書が発行される。

温室効果ガス排出量の算定・報告の国際基準「GHGプロトコル」では、企業の事業全体で間接的に発生するCO2排出量削減がスコープ3で求められている。ANAは新プログラムを通じて、公共交通インフラである航空輸送における顧客のCO2排出量削減対策に寄与する方針。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集