オリックス/大京がマンションの居住者専用宅配ボックス開発

2021年10月19日 

オリックスは10月19日、分譲マンションの各玄関に設置する居住者専用の宅配ボックス「ライオンズスマートボックス」を大京が開発したと発表した。

<ライオンズスマートボックス設置イメージ>
20211019orix1 520x347 - オリックス/大京がマンションの居住者専用宅配ボックス開発

<ライオンズスマートボックス>
20211019orix2 520x347 - オリックス/大京がマンションの居住者専用宅配ボックス開発

この10月に着工した東京都葛飾区の物件に初導入する。

「ライオンズスマートボックス」は、 フルタイムシステムと共同で開発した宅配ボックス。 フルタイムシステムの提携事業者が、専用ICカードを使用して玄関先まで配達物を届けるため、居住者はマンションのエントランスまで足を運ぶ必要がなく、自宅玄関で配達物を受け取れる。

3つの収納スペースにより、 クリーニングや食品など種類の異なる荷物にも対応できる。宅配ボックスの最上段には、停電時にも解錠できる防災備蓄品専用の収納スペースを設け、在宅避難時に備える。

また、ボックスの解錠には暗証番号や専用ICカードが必要なため、 「置き配」での盗難や雨濡れなどのトラブルを解決できる。ボックスに入りきらないゴルフバッグなどの大型荷物は、 エントランスに設置された宅配ボックスで受け取れる。 今後も引き続き、フルタイムシステムがクリーニング業者、食品配達業者など提携先を順次拡大し、居住者の利便性をより高める予定としている。

■製品概要
製品名:ライオンズスマートボックス
提供開始:2023年3月(予定)
収納ボックス数:4つ
サイズ:高さ160cm、横45cm、奥行き45cm
    (受取可能サイズ)13cm~77.5cm×38cm×42cm
導入予定:2021年10月に東京都葛飾区で着工した物件

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集