東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

2021年11月25日 

東海電子は11月25日、デジタルタコグラフとドライブレコーダー(テクノホライゾン社製)の販売、及び、この2つの安全機器で使用する「クラウド運行管理システム 運管 PRO」の販売を開始すると発表した。

「クラウド運行管理システム 運管 PRO」は、拘束時間、改善基準告示違反のチェック、運行計画書の作成、GPSを利用した動態管理、アルコール検知器との接続、運転日報の作成、稼働実績等の集計、ドライブレコーダーによるヒヤリハット蓄積等、運行管理と安全運転指導に必要な標準的な機能がすべて揃っている。

<システム構成>
20211125tokai1 520x229 - 東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

<組み合わせ1>
20211125tokai2 520x123 - 東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

<組み合わせ2>
20211125tokai3 520x118 - 東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

<組み合わせ3>
20211125tokai4 520x185 - 東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

組み合わせは様々で、デジタコ・ドラレコもハイブリッドで管理したい場合はこれだけで運行管理高度化が目指せるものとなる。

通信費の節約の場合は、通信運用と SD カード運用、混在で管理すれば可能だ。

また、最初はスモールスタートしたい場合はデジタコとSDカードだけの展開も可能。

顧客の運用に合わせた機器構成、管理方法が選択可能、混在運用にも対応している。その他、オプション機器(ETC・温度センサー、操作ディスプレイ端末、アルコール検知器 ALCMobile(DTL セット))との連携も可能だ。

デジタコGFITシリーズ(テクノホライゾン社製)は、2014 年より販売開始後、約1万2000台の実績(2021年9月時点)と事故防止対策支援推進事業に登録されているデジタル運行記録計だ。

受注開始は12月1日から。

<車載器本体価格>
20211125tokai5 520x170 - 東海電子/システム連関のクラウド運行管理システム発売

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集