LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日新/IoT技術活用物流容器でリアルタイム位置情報実証実験

2022年01月11日/IT・機器

日新は1月11日、低消費電力のIoT機器とクラウドプラットフォームを活用した、日本とインドネシア間での物流容器のリアルタイム位置情報サービスに関する実証実験に参加したと発表した。

<実験イメージ図>
20220111nisshin 520x264 - 日新/IoT技術活用物流容器でリアルタイム位置情報実証実験

実証実験では、親和パッケージが製造したリターナブル容器に、京セラコミュニケーションシステムが提供するIoT機器を組み込み、日本とインドネシアを海上輸送で往復輸送させることで、新たな国際物流サービスの可能性を検証した。

概要は、「親和パッケージが輸出者、PT親和インドネシアが輸入者となり、日本とインドネシアの拠点間の一貫輸送を実施」、「往路はリターナブル容器に輸送貨物を積載してFCL(20’コンテナ)で輸送し、復路は海上混載(LCL)で空容器を返送」、KCCSが提供するSigfox通信ネットワークでリターナブル容器の位置情報を捕捉し、IoT位置管理サービス「IoT Tracker」 に連携させることで、国際間でリターナブル容器の所在と移動履歴がシームレスで可視化できるか検証」、「IoT Tracker」のジオフェンス機能を活用し、指定された各拠点の搬出入のイベント情報をタイムリーに把握できるかを確認」、「またIoT機器に付属するボタンを活用し、配達先でリターナブル容器が空となったことを関係者にメール通知」した。

この実証実験は、日本貿易振興機構(JETRO)が公募する「海外サプライチェーン多元化等支援事業」として採択された「国際物流・交通混雑緩和に資する位置情報サービス基盤構築実施可能性調査」の取り組みとして、京セラコミュニケーションシステムが主体となって実施した実証実験に参加したもの。

結果、今回は各国とも通信状況は概ね良好で、各拠点にIoT機器付き物流容器が到達したことはジオフェンス機能を使って確認できた。国際間の輸送で物流容器の移動を検知できたことは、機材の利用状況を正確に把握できるため、貨物の滞留や紛失など事故の発見に使える可能性があることが考えられる。

物流容器の空き状態を通知するために行った検証(ボタン押によるイベント処理)では、通知イベントの受信が確認できた。今後、物流容器管理システムとの連携を行うことで、物流容器の空き情報を元に効率的に活用することが可能であると考えられる。

将来的には位置情報に加え、輸送状態(温度・湿度、衝撃)を把握するセンサー機能を搭載することで、医薬品や精密機器など、厳格な輸送管理が必要な輸送貨物に対応する「スマートリターナブル容器」のサービス開発に取り組んでいく、としている。

日新は国際間のリターナブル容器の開発、運用、システム管理をパッケージとした「HACO Lab.(ハコラボ)」を展開しており、物流容器を通じたグローバルサプライチェーンの可視化と顧客の物流コスト削減に取り組んでいる。

■実証実験概要
期間:2021年8月18日~11月19日
ルート:日本・千葉とインドネシア・ジャカルタ間の国際往復輸送
参加企業:京セラコミュニケーションシステム(IoT機器、通信基地局設備、位置管理サービスの提供)、親和パッケージ(リターナブル容器の製造、輸出者)、PT親和インドネシア(輸入者)、日新(物流手配) / 日新のインドネシア現地法人2社

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース