LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

椿本チエイン/倉庫自動化を推進、物流DXに向けKDDIと業務提携

2022年11月30日/IT・機器

PR記事

椿本チエインと同社100%子会社の椿本マシナリーは11月30日、KDDIと物流倉庫内の省人化やコスト削減、生産性向上に向け、業務提携したと発表した。

<倉庫自動化ソリューションのイメージ>
20221130tubakimoto 520x293 - 椿本チエイン/倉庫自動化を推進、物流DXに向けKDDIと業務提携

EC市場の成長による物流需要の増加や、少子高齢化による生産年齢人口の減少により、物流業界では労働力が不足しており、物流倉庫では省人化やコスト削減、生産性向上などを目的とした倉庫自動化の動きが加速している。

倉庫自動化では、人の業務を含めた全体工程を自動化することで、省人化やコスト削減などより大きな効果を発揮するが、従来型のソリューションでは、顧客が選択できるメーカーや機器が限定される(ベンダーロックイン)ことが一般的だった。3社は同提携により、多様なメーカーや機器に対応したベンダーフリーな「倉庫自動化ソリューション」の提供を行い、物流業界のDXを推進する。

椿本チエインは、モノの搬送・仕分け・保管などを担う自動化システムを開発し、国内外に多くの納入実績がある。また、椿本マシナリーは機械商社として、メーカーにとらわれないベンダーフリーの発想で顧客に最適な機器を選定・納入するなどのエンジニアリング事業を展開している。

KDDIは、5Gなど多様なネットワークサービスやクラウドの導入から保守まで全てをサポートするクラウドサービスソリューションなどの構築力、セキュリティインフラ構築からシステムの統合監視、問い合わせやトラブル対応までの窓口一元化を実現する保守・運用監視体制、開発体制を提供可能。

同提携では、3社の知見や技術を掛け合わせ、倉庫自動化システムの共同開発とベンダーフリーな倉庫自動化ソリューションのワンストップ提供に取り組み、倉庫自動化における検討・導入プロセスや運用監視の複雑さや課題を解決する。

3社は同提携を通じて、倉庫自動化を推進し、物流業界のDXに貢献していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース