LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





セイノーロジ/米国東岸向け引越混載貨物の西岸経由IPI開始

2023年12月25日/国際

PR記事

セイノーグループで海上混載輸送を手がけるセイノーロジックスは12月25日、アメリカ東岸向け輸送について、パナマ運河・スエズ運河のリスク分散のため、代替ルートとしてロサンゼルス経由IPI(Interior Points Intermodal)サービスを拡大すると発表した。

これまでの普通品、危険品貨物のほか、2024年1月からはニューヨーク向けの引っ越し混載貨物を荷受け対象に加える。

サービス開始の初船は、1月1日に東京港を出港。東京、横浜、清水、名古屋、大阪、神戸、京都で荷受けした貨物をロサンゼルスまで混載輸送し、ロサンゼルスでリコンソリ(再混載)した後、鉄道などの内陸輸送へ迅速に接続し、ニューヨークまで輸送する。

アメリカ東岸向け輸送では、パナマ運河の水位低下による通航制限に加え、紅海周辺の商船攻撃リスクの増大によりスエズ運河の航行が脅かされていることから、運賃の高騰や輸送日数が長くなるなどの動きがあり、安定的な輸送が難しくなることが懸念されている。

ロサンゼルス経由IPIサービスでは、東京港出港からニューヨーク到着までの輸送日数は35日前後と、従来のパナマ運河経由のサービスと遜色なく、スエズ運河経由の代替ルートとして各船社が提供し始めている喜望峰経由のルートよりもリードタイムを短縮できる。

また、ロサンゼルスに常駐する日本人駐在員が現地側での荷動きをサポートしており、アメリカ東岸到着までの貨物追跡情報もホームページで閲覧することができる。

関連記事

国際に関する最新ニュース

最新ニュース