三菱電機/物流現場の作業効率向上へ、人と協調するAI開発

2020年06月03日 

三菱電機は6月3日、生産・物流現場の作業効率を向上させる「人と協調するAI」を開発したと発表した。

<「人と協調するAI」をAGVに適用した場合の動作例>

開発したAIは、人の操作を模倣学習することで、「道を譲る」など人が操作しているかのような自然な動作を実現。周囲作業者の作業を妨げないような動作が可能で、人と機械が混在する環境での作業効率を従来比30%向上することができる。

また、三菱電機のAI技術「Maisart(マイサート)」の1つである逆強化学習(熟練者の最適な操作を基に、試行錯誤で自ら最適な操作を推定・学習するAI技術)を活用し、AGV周辺の画像と人による運転操作データに基づいた模倣学習を実現。熟練者の最適な操作そのものを模倣学習する従来手法と比較して10分の1以下の運転操作データで学習することができる。

今後は、人と機械が混在する生産・物流現場でのAGVやロボットなどに適用し、実証と実運用開発を進めるほか、自動運転車などへの展開を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集