JAL、ブリヂストン/航空機のタイヤ交換に摩耗予測技術活用

2020年06月17日 

日本航空(JAL)とブリヂストンは6月16日、タイヤ摩耗予測技術を活用した、精度の高い計画的なタイヤ交換を開始したと発表した。

 

この取り組みは、大阪国際空港(伊丹)を拠点にJALグループの地域路線を運航するジェイエア(J-AIR)の航空機(エンブラエルE170・E190型機)を対象に、5月から開始。

JAL、J-AIRの航空機に関する知見・フライトデータとブリヂストンの持つタイヤに関する知見・デジタルを活用した摩耗予測技術をかけ合わせることで、タイヤの交換時期を予測し、精度の高い計画的なタイヤ交換を可能にした。

これにより、ホイール・タイヤ在庫の削減や、航空機整備作業の効率化などへの効果が見込まれる。

通常、航空機用タイヤは数百回離着陸する毎にタイヤを交換。また、使用環境によってタイヤの摩耗進展速度が異なるため、突発的なタイヤ交換や、交換時期の集中が発生していた。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集