SGHグローバル・ジャパン/アリババ傘下の菜鳥と物流連携

2021年06月17日 

SGHグローバル・ジャパンは6月17日、アリババグループのロジスティクス部門である菜鳥網絡と、物流でのパートナーシップ連携を行っていくと発表した。

<越境ECスキーム>
20210617sggj1 520x224 - SGHグローバル・ジャパン/アリババ傘下の菜鳥と物流連携

<東京都江東区のXフロンティア外観>
20210617sggj2 520x441 - SGHグローバル・ジャパン/アリババ傘下の菜鳥と物流連携

SGHグローバル・ジャパンは菜鳥とのパートナーシップ契約において、今まで培ってきた国際物流のノウハウを活用することにより、越境EC事業を行っている日本企業だけではなく、中国の消費者にも満足してもらえるように、高品質な輸送サービスを提供。菜鳥が掲げる目標に対して物流面でサポートすることはもちろん、
日本企業の中国マーケット進出へのサポートを行っていきたいとしている。

SGHグローバル・ジャパンと菜鳥は、輸出入に必要なシステム連携を行い、5月26日から物流業務を開始した。現在、大阪から週6回の航空便で日本から中国まで輸送しており、6月18日以降は2021年に本格稼働したSGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「X フロンティア」内にある東京倉庫からの出荷も計画している。これにより菜鳥が手掛ける日本から中国の消費者向け直送物流(越境 EC「T モールグローバル」のTモール海外フルフィルメント)をSGHグローバル・ジャパンが受託することになる。

なお、2013年に設立された菜鳥は、アリババグループの物流関連会社。サプライチェーン全体を革新的でオープンなデジタルプラットフォームを活用することで効率的な物流サービスを提供し、顧客体験の向上を目指している。パートナー企業と協働しながら、菜鳥は、24時間以内に中国本土のあらゆる場所に、72時間以内に世界中に配送することを目指すと同時に、アリババグループのミッション 「To make it easy to do business anywhere
(あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる)」を実践している。

菜鳥グローバル・サプライチェーンの趙剣氏は「菜鳥にとって日本のマーケットは常に重要な市場と捉えている。今回のSGHグローバル・ジャパンとのパートナーシップによって、日本市場への更なるコミットメントを示すと共に、日中間の国境を越えた物流の安定性と効率性を強化することとなる。現在のビジネス環境の中でも、新たなマーケット開拓を模索する日本企業の海外進出を支援する、広範な物流機能を有するSGHグローバル・ジャパンとの連携により、72時間以内に世界中に配送するという目標達成に近づくことを期待している」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集