川崎汽船/環境対応でLNG燃料自動車専用船8隻の調達を決定

2021年09月21日 

川崎汽船は9月21日、2023年度から2025年度までで合計8隻の7000台積みLNG燃料自動車専用船の調達を決定し、日本シップヤード、新来島どっく、招商局南京金陵船舶と、2隻ずつの新造船の建造で合意したと発表した。

3社が造船するLNG燃料自動車専用船は、従来燃料の重油に比べ、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出を25~30%、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)の排出をほぼ100%を削減できる環境対応船。また、LNG燃料やEGR(Exhaust Gas Recirculation)を使用することで窒素酸化物(NOx)の排出も80~90%の削減を見込んでいる。

<KLINE 環境ビジョン2050>
20210921kawasaki - 川崎汽船/環境対応でLNG燃料自動車専用船8隻の調達を決定
川崎汽船では、同社の環境に関わる長期指針「KLINE 環境ビジョン2050」で、国際海事機関(IMO)が定める2030年の目標「CO2排出効率2008年比40%改善」を上回る「50%改善」という目標を設定。

そのアクションプランとして、自動車船では目標達成に向けて、従来の重油燃料から環境対応に優れたLNG燃料と次世代の新燃料への代替を計画しており、3月には初のLNG燃料自動車専用船「CENTURY HIGHWAY GREEN」を竣工した。今回、調達するLNG燃料自動車専用船も、その計画に沿ったものになる。

同社では、今後も拡大が予想される環境対応を含めた顧客ニーズに応えるとともに、長期指針に基づく事業活動を通じて環境保全を図りながら、企業価値の向上を図るとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集