LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

サトーなど7社/RFID内蔵容器で医薬品流通を管理

2022年05月18日/IT・機器

サトーヘルスケア、朝日印刷、大成化工、藤森工業、マイクロ・テクニカ、UACJ、UACJ製箔の7社は5月18日、RFIDタグを埋め込んだボトルや薬液バッグ、錠剤シートなどを活用することで、医薬品のIDや入出荷の履歴などを、製薬メーカーから卸業者、病院や調剤薬局までサプライチェーンをまたいで、ひと続きでトレース(追跡)できるデモシステムを構築したと発表した。

<システム構成図>
20220518sato 520x249 - サトーなど7社/RFID内蔵容器で医薬品流通を管理

<管理できる医薬品資材>
20220518sato1 520x390 - サトーなど7社/RFID内蔵容器で医薬品流通を管理

デモシステムは、医薬品の製造時に薬剤を入れるボトルや薬液バッグ、錠剤シートなどにRFIDタグを埋め込み、その入出荷のデータをブロックチェーンで管理することで医薬品のトレーサビリティや偽造品のチェックを可能にするもの。

医薬品の種類、数量、ID、使用期限、入出荷時間、サプライチェーン内でどこに存在するかなどの情報を、製薬メーカーから病院・薬局までの間の各現場で、RFIDを使って読み込み・書き込みし、ひと続きのデータとして管理する。

RFIDリーダーを使うため、配送時の外箱を開けなくても情報の一括読み取りや書き込みができ、入出荷業務を正確化・省力化することができる。

同システムは、サプライチェーンに携わる各事業者がそれぞれの現場で試用することが可能。将来的には錠剤シートの開封検知機能と連携した、患者までを含めたトレーサビリティに拡張することを検討している。

デモシステムの構築は、RFIDを使った医薬品のサプライチェーン全体の安心・安全や業務効率化のしくみの実現を目的に活動する、2019年に設立されたコンソーシアム「Tag 4 Link」 の取り組みの一つ。

■各社の役割
「朝日印刷」
RFIDタグ付き個装箱(パッケージ)の製造
開封検知ソリューションのソフトウェアの提供

「サトーヘルスケア」
RFIDタグの設計・製造
RFIDリーダーやラベルプリンタなど周辺機器の提案

「大成化工」
RFIDタグ付ボトルの設計・製造・販売
その他のRFIDタグ付医薬品容器および医療機器の設計・製造・販売

「藤森工業」
RFIDタグ付き薬液バッグの設計・製造
RFIDタグ付き錠剤シート(PTPシート)の設計・製造

「マイクロ・テクニカ」
Tag 4 Linkソリューションの提案
Tag 4 Linkソフトウェアの設計・製造・販売

「UACJ」「UACJ製箔」
将来的に連携を検討中の開封検知機能付きPTP錠剤シートの設計・製造

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース