LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ANAほか/空港内での使用済プラフィルム再生PJに参画

2024年07月09日/SCM・経営

全日本空輸(ANA)と中部国際空港(セントレア)は7月9日、使用済みの航空貨物用プラスチックフィルムを回収し、空港内で使用するプラスチック製品に再生する資源循環スキームを共同で構築したと発表した。

スキーム確立にあたり愛知県は「あいちサーキュラーエコノミー推進プロジェクトチーム」を立ち上げ、メンバーである大和エネルフ、三陽化学、愛知プラスチックス工業と協働する。

中部国際空港での脱プラスチック・脱炭素化に寄与し、航空会社、空港会社、自治体とが一体となって取り組む初めてのケースとなる。

<空港内循環イメージ>
0709ana - ANAほか/空港内での使用済プラフィルム再生PJに参画

これにより年間約20tのプラスチックごみが廃棄されることなく、一部が空港内で循環することとなる。サーキュラーエコノミーのみならず脱炭素化にも寄与するものとして、ANAとセントレアは、参加するセントレアエコエアポート推進協議会において、他の事業者にも展開し取組を拡大していく考えだ。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース