豊田自動織機/物流改善体験型ショールーム、大阪に新設

2017年06月02日 

豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは6月1日、大阪府吹田市に「トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪(CC大阪)」を新設すると発表した。

<完成予想図>
20170602toyotalf 500x354 - 豊田自動織機/物流改善体験型ショールーム、大阪に新設

CC大阪はフォークリフト販売60年、物流システム販売30年で培ってきた物流ノウハウに豊富な商品ラインアップを組み合わせ、顧客に最適な物流ソリューションを提案、体験してもらうことを可能にしたショールーム。

流通業や製造業など業種別の物流課題に焦点を当てた展示や、VR(仮想現実感)・AR(拡張現実感)を活用した映像展示を新たに導入するなど、顧客に商品の機能や使いやすさ、改善の効果を確認・イメージしてもらう。

完成の後は、東京、愛知に続く第3の情報発信拠点として、商品展示と物流ソリューションの提供を通じて、顧客目線での物流課題の解決に磨きをかける。

■施設の概要
名称:トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪
所在地:大阪府吹田市芳野町
敷地面積:約5700m2
延床面積:約8000m2 地上4階建て
竣工時期:2018年5月予定

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集