DHLジャパン/LINEで輸送情報などの問い合わせ可能に

2020年04月02日 

DHLジャパンは4月2日、スマートフォンアプリのLINEを活用したカスタマーサービスを開始したと発表した。

<チャットボットの自動応答機能を活用した>

公式のLINEアカウント(@dhljapan)を開設、数か月にわたるトライアル運用を行い、荷主からの問い合わせをLINE上で受け付ける体制を新たに導入した。

サービスは、チャットボットの仕組みを活用しており、荷主が輸送中の貨物の追跡や輸送料金、必要書類など、国際輸送にまつわる各種問い合わせ内容をLINEのトーク画面に入力すると、自動応答機能で瞬時に返答が得られる。

これにより、営業時間外でもいつでも気軽に貨物の追跡や料金の確認など、輸送に関する情報の入手が可能になるほか、将来的には、LINEを通じて災害や交通規制などによるサービスへの影響など、さまざまな情報の発信を検討している。

DHLジャパンのトニー・カーン社長は「従来の電話を主体としたカスタマーサービスだけでなく、デジタル技術を活用し荷主へ優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することは、DHLがグローバルで掲げるデジタリゼーションの方針に基づく重要な取り組み。LINEを活用した新たなサービスによって、DHLのスピード、利便性をより身近に感じてもらえると確信している」とコメントした。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集