JAL/米Matternetとドローン医療物流で提携

2020年09月23日 

日本航空(JAL)は9月23日、米Matternet社とドローン医療物流事業で業務提携したと発表した。

<Matternet社のドローン「M2」>
ドローン物流

<M2が発着可能な荷物受取用ステーション(開発中)>
ドローン物流

Matternetは、自社開発の自律飛行が可能な運航システムとドローン「M2」を用いて、検体や医薬品などの輸送事業をスイスとアメリカで展開し、豊富な実績とノウハウを持つ。

今回、JALが取り組む医療分野を中心とするドローンを使用した物流サービス展開の一環としてMatternetと業務提携し、日本の医薬品や検体、血液製剤といった迅速な配送が求められる医療分野の物流に関する各種調査や将来の事業参画に向けた取り組みを協力して実施。

さらに、8月採択された「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」でも「M2」の使用を検討し、実証実験を通して物流課題の解決と持続可能な事業構築を目指す。

最新ニュース

物流用語集