郵船ロジ/オープンイノベーションプログラムの最優秀企業選出

2020年09月28日 

郵船ロジスティクスは9月28日、パートナー企業として参加しているオープンイノベーションプログラム「Ocean of Opportunities Challenge 2020」で、自社が提示した課題に対する最優秀提案企業にVirtual Control Limitedを選出したと発表した。

郵船ロジスティクスは「CFSとオフィス間の効率的なデータ共有」を業務課題として提示。世界9か国17社から集まった解決策の中から、Virtual Control Limitedを選出した。

Virtual Control Limitedは、1500以上のスタートアップ企業とテクノロジー企業が集まる香港政府の革新的なデジタルコミュニティ「Cyberport」に参加する1社。今後は、実際のCFSオペレーションを利用し、提案内容の検証を両社で行っていく予定。

Ocean of Opportunities Challenge 2020は、日本郵船グループの Symphony Creative Solutionsがシンガポール国立大学のスタートアップインキュベーション事業NUS Enterpriseと共同運営するオープンイノベーションプログラム。

最新ニュース

物流用語集