京セラ、ブルーイノベ/5G通信で物流ドローン離発着所の安全確認

2020年09月28日 

ブルーイノベーションと京セラは9月28日、5G通信デバイスを利用したドローン分野の新たなソリューションを共同開発したと発表した。

新たなソリューションでは、ブルーイノベーションが開発した複数のドローンやロボットを制御・管理するシステムプラットフォーム「BEP(Blue Earth Platform)」と、京セラが通信機器事業で培ってた無線通信端末技術を融合。ドローンやドローンポートに設置したカメラや各種センサーの情報を、京セラが開発する5Gコネクティングデバイスを活用し、ブルーイノベーションのBEPへ伝送することで、さまざまなソリューションを実現する。

<ポート安全確認の自動化ソリューション>
ドローン物流

物流向けのソリューションとしては、ドローンポートの安全確認を自動化するシステムを開発しており、今秋から実証実験を開始する予定。このソリューションでは、ドローンポート周囲を監視しているカメラの映像をリアルタイムで航空管制室へ伝送したり、AIで周囲の安全性を解析し、ドローンの離着陸の安全性を確保することができる。

このほか、プラント点検向けのソリューションについて、今秋から実証実験を実施。その他の用途でも順次ソリューションの開発を予定している。

■各社の役割
ブルーイノベーション:ドローンソリューション全体の企画、開発、BEPを利用したサーバーシステムの開発
京セラ:4G網、5G網への接続が可能となるコネクティングデバイスの開発

最新ニュース

物流用語集