川崎汽船、ONE/コンテナ船座礁を想定した事故演習を実施

2021年02月10日 

川崎汽船とOcean Network Express(ONE)は2月9日、コンテナ船での事故を想定した大規模事故対応演習を実施した。

<川崎汽船の事故対策本部(東京)>
20210210kline 1 520x307 - 川崎汽船、ONE/コンテナ船座礁を想定した事故演習を実施

<ONE本社での対応の様子(シンガポール)>
20210210kline1 520x309 - 川崎汽船、ONE/コンテナ船座礁を想定した事故演習を実施

演習では、ONEシンガポール本社が川崎汽船から傭船しているコンテナ船が、ドイツハンブルク港近郊のエルベ川を航行中にエンジントラブルを起こし、コントロールを失って座礁。危険物を含む数十個のコンテナが川に落下、また燃料油の漏油が発生したという想定で行われた。

演習には川崎汽船とONEシンガポール本社のほか、ONE欧州統括本部、同船の船舶管理を行う“K” Line Ship Management (Singapore)など多数の関係者が参加。

オンラインツールで連携を取り合い、事故発生時に行うべき社内外および関係当局との報告・連絡プロセス、被害拡大防止のための緊急連絡、処置、また広報活動等の手順を確認した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集