農総研、福岡ソノリク/神戸市に農産物の物流加工拠点開設

2021年03月01日 

農業総合研究所と福岡ソノリクは3月1日、神戸市灘区にある福岡ソノリク関西物流センター内に、農産物の物流・加工一体型拠点「神戸センター」を5月1日に開設すると発表した。

<神戸センターを開設する福岡ソノリク関西物流センター>
20210301nougyo 520x346 - 農総研、福岡ソノリク/神戸市に農産物の物流加工拠点開設

20210301nougyo1 520x346 - 農総研、福岡ソノリク/神戸市に農産物の物流加工拠点開設

<神戸センターの役割>
20210301nougyo2 520x195 - 農総研、福岡ソノリク/神戸市に農産物の物流加工拠点開設

農総研と福岡ソノリクは、両社の有する農産物の仕入・販売網、物流事業に関するノウハウとその他の経営資源を相互に有効活用し、それぞれの企業価値の向上を実現することを目的として、2020年10月に資本業務提携を締結している。

神戸センターは、福岡ソノリクが所有・管理する「関西物流センター」を活用し、西日本エリアを中心とした農総研の取扱農産物の保管、荷捌き、流通加工業務を行う。

これらのセンター機能を拡充することで、1日あたりの取扱規模を現状比2倍、加工数量を1.5~2倍に増強。これまで以上に多様な品目・形態の商品を受け入れることが可能となり、九州をはじめとする遠方産地からの供給増にも対応できる体制を整備。また、拠点間物流の強化(効率化)の促進を図り、拡大するスーパーマーケットからの農産物需要に対応する。

また、福岡ソノリク独自の保管機能を有したセンターを利用することで、貯蔵出荷に適している商品については、適切な保管と加工により付加価値を高めることが可能となり、特に農総研が成長ドライバーとして位置づけている「産直卸事業」の取扱規模拡大に寄与する。

今後は西日本エリアでの農総研の集荷場からスーパー他販売店の物流拠点への輸送業務を福岡ソノリクが一手に担う予定で、さらなる輸送効率化と物流網拡充に伴い、同エリアでの産地開拓を推進していくとしている。

■神戸センター概要
所在地:神戸市灘区摩耶埠頭1-10(福岡ソノリク関西物流センター)
操業開始日:5月1日(予定)
取扱規模:約1万コンテナ/日(約2倍増)
取扱規模(加工数量):約10万パック/日(1.5~2倍増)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集