シーネット/WMSとサイバーリンクスのプラットフォーム連携

2021年06月09日 

シーネットは6月9日、同社の倉庫管理システム「ci.Himalayas シリーズ」において、サイバーリンクスが提供するクラウド EDI-Platform とのシステム間連携を開始、1社目が稼働したと発表した。

<クラウドEDI-Platform×ci.Himalayas 連携イメージ>
20210609cnet 520x218 - シーネット/WMSとサイバーリンクスのプラットフォーム連携

この連携により、多様な通信手順や通信手段に対応した安定したシステム間のデータ連携が可能となる。

クラウド EDI-Platform は、大手流通企業の採用率が特に高いサービス。シーネットは近年、流通企業へのシステム導入が拡大しており、今回の連携により、流通企業の持つ基幹システムとシーネットが提供する WMSの連携が、これまで以上にシームレスになると考えている。

シーネットは今後、クラウドEDI-Platform をベースとした提案を織り交ぜることで、ユーザーの設備投資の負担を軽減し、安定した継続的サービスの提供を行っていく予定だ。

なお、これまでシーネットでは、EDI基盤を自社構築し、ユーザーの必要とする通信手順や通信手段によっては、都度設備の増強やアプリケーションの一部を改修することによって対応を続けてきた。

特に、このところ業界標準として利用が増えてきた流通BMSに関しても、一部顧客に対しては専用設備の準備や個別対応を続けていたため、システム稼働までに準備期間を要したり追加コストが発生するなどの課題があった。また、EDIの通信に発生する通信コストはユーザー負担となるため、ユーザーにとっては毎月の経費が都度変動するといった課題もあった。

これらの課題を解決するために、流通業界の大規模なデータ交換を含む様々な通信手順や通信手段に対応した設備を既に持ち、通信コストを含んだ利用料金で提供可能なサイバーリンクスのクラウドEDI-Platform と連携したもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集