LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱重工グループとオカムラ/倉庫内無人化物流システム開発

2022年01月18日/IT・機器

三菱重⼯業とグループの三菱ロジスネクスト、オカムラは1月18日、三菱ロジスネクストのレーザー誘導⽅式無⼈フォークリフト「PLATTER Auto(プラッターオート)」とオカムラのパレットストレージシステム「CYBISTOR(サイビスター)」を組み合わせた倉庫内の無⼈化物流ソリューションを製品化し、販売を開始したと発表した。

<製品化した倉庫内無⼈化物流ソリューション>
20220118mitsubishi 520x395 - 三菱重工グループとオカムラ/倉庫内無人化物流システム開発

<運用イメージ>
20220118mitsubishi1 520x397 - 三菱重工グループとオカムラ/倉庫内無人化物流システム開発

同ソリューションは、フォークリフトオペレーターの⼈⼿不⾜や、増加・変動する荷物に対する保管スペースの確保といった、物流現場での課題の解決に向けて開発したもの。

レーザースキャナーで反射板をスキャンし現在地を認識して⾛⾏する三菱ロジスネクストの「PLATTER Auto」と、シャトル(搬送台⾞)がラック内のレーンを⾛⾏しパレット品の保管・⼊出庫を⾏うオカムラの「CYBISTOR」を連動させたもので、具体的には、無⼈⾛⾏の「PLATTER Auto」が搬送するパレットを「CYBISTOR」のラックに⼊庫し、ラック内ではシャトルがレーンの最奥部までパレットを搬送、格納する。

出庫の際も同様に、シャトルが「PLATTER Auto」の元までパレットを⾃動搬送し、「PLATTER Auto」が次⼯程まで運搬することで、⼀連の物流作業を無⼈化でき、荷役業務の省⼈化・省⼒化に寄与する。

「CYBISTOR」は通路スペースを必要としないことから、平置きや⼀般的なパレットラックと⽐較し、同じスペースでも約2倍の保管量を実現でき、収納効率の向上にも寄与する。

なお、同ソリューションは、埼⽟県北葛飾郡にある三菱ロジスネクストの「オンサイト研修センター」で展⽰しており、現地で稼働デモンストレーションを体感・体験できる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース