LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.7%減、営業損失63億円

2022年11月11日/決算

日本郵政が11月11日に発表した2023年3月期第2四半期決算によると、郵便・物流事業の売上高(営業収益)は9469億円(前年同期比0.7%減)、営業損失63億円(前年同期は72億円の利益)となった。

<営業利益の増減分析(前年同期比)>
20221111yusei 520x452 - 日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.7%減、営業損失63億円

売上高は、取扱数量の減少等で前年同期を下回った。営業費用は、水道光熱費や2022年3月期第2四半期から連結対象となった子会社の費用増によって前年同期比64億円増加し、営業損益は63億円の赤字を計上した。

<取扱数量の推移>
20221111yusei1 520x225 - 日本郵政/郵便・物流事業の売上高0.7%減、営業損失63億円

取扱数量は総計で1.6%減。郵便は1.2%減、ゆうメールは2.9%減。ゆうパックは厳しい競争環境等により2.8%減(うち、ゆうパケットは2.4%減)となった。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース