プロロジス/総事業費440億円で千葉県八千代市に2棟の物流施設

2021年04月09日 

プロロジスは4月9日、千葉県八千代市において、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク八千代 1」の起工式を行った。

<「プロロジスパーク八千代 1」の完成予想図>
20210409prologis1 520x339 - プロロジス/総事業費440億円で千葉県八千代市に2棟の物流施設

<開発予定地の航空写真>
20210409prologis2 520x294 - プロロジス/総事業費440億円で千葉県八千代市に2棟の物流施設

「プロロジスパーク八千代 1」は、2棟の物流施設を開発する計画の1棟目であり、延床面積約16万1000m2の八千代市内では初めてのダブルランプウェイを備えた大型賃貸用物流施設となる。食品卸、3PL、アパレル、EC事業者をはじめとする複数企業と商談中であり、引き続き入居企業を募集する。

また、同施設への需要の強さを踏まえ、延床面積約9万3000m2のマルチテナント型物流施設として隣地に計画中の「プロロジスパーク八千代 2」についても早期着工をめざす。「プロロジスパーク八千代 2」についてはさまざまな利用法が考えられており、「プロロジスパーク八千代 1」のテナント企業のうち、荷物量の増大によってはBTS型の施設にするなどの案も挙がっている。

総事業費は「プロロジスパーク八千代 1」が280億円、「プロロジスパーク八千代 2」が160億円の合計440億円としている。

<現在の開発地の様子>
20210409prologis3 520x347 - プロロジス/総事業費440億円で千葉県八千代市に2棟の物流施設

■立地面

「プロロジスパーク八千代1」の開発予定地は、首都圏物流の大動脈である国道16号から約2kmと至近に位置し、東京都市圏の消費地および関東広域への配送にも最適な立地。

自動車で20分圏内には20万人が居住し、周辺には複数の住宅街が立地する。京成本線「勝田台」駅と東葉高速鉄道「東葉勝田台」駅より、同地までバスで15分とアクセスしやすく、従業員雇用にも有利
な立地である。隣接地のバス操車場の整備に伴い、さらなる通勤利便性向上が期待できる。

また、良好な地盤にあり、ハザードマップにおいても、地震時の液状化や大雨による浸水が想定されないエリアに位置しており、防災面でも優れた立地となっている。

「プロロジスパーク八千代 1」は、大成建設による宅地開発事業地「八千代もえぎ野」に新たに造成された「もえぎ野複合業務地区」に位置する。「八千代もえぎ野」は、2001年から大規模住宅分譲地として販売が開始され、永くまちづくりが進められてきた住宅地。

「もえぎ野複合業務地区」は、未来を見据えたまちづくりをめざし、商業・産業用地として開発された地区である。住宅用途から商業・産業用途への変更においては、もえぎ野自治会の協力のもと、大成建設とプロロジスのパートナーシップにより、八千代市と協議を重ね、提案制度に基づく地区計画を策定。この地区計画により、「プロロジスパーク八千代 1」「プロロジスパーク八千代 2」の計画が実現したものだ。

「もえぎ野複合業務地区」には、バスの操車場、商業施設、給食センターの建設が予定されており、「プロロジスパーク八千代 1」も、雇用創出などにより地域活性化の一助となることをめざす。

■計画概要

1棟目の「プロロジスパーク八千代 1」は、約6万9300m2の敷地に5階建てのマルチテナント型物流施設として開発し、2棟全体の開発用地は約11万6800m2となる。

八千代市内では初めて、ダブルランプウェイを備えた先進的物流施設となる。上り下り専用のランプウェイにより一方通行のトラック動線を確保し、各階のトラックバースに 45 フィートコンテナセミトレーラーがアクセス可能な仕様とする。ワンフロアの賃貸面積は、基準階では約2万6000m2、1階で約2万8000m2を確保する。各階トラックバースの間口は11mスパンを採用。4tトラックであれば、1スパンに3台の着車が可能となる。

また、1階倉庫に両面バースを採用し、入居カスタマーの多様なオペレーションのニーズに応えられる計画となっている。

さらに、グローバルでESGに配慮した事業活動を展開している一環として、防災、持続性・BCP(事業継続計画)の観点からは、緊急地震速報システム、衛星電話、非常用発電機、井水浄化設備などを備える予定である。また、プロロジスが共同開発した高天井用人感センサー付き LED 照明を採用し、環境負荷軽減と入居企業の電気代削減に寄与するほか、屋根面には太陽光発電の設置を検討している。

<アクリル板の前であいさつするプロロジスの山田社長>
20210409prologis4 520x374 - プロロジス/総事業費440億円で千葉県八千代市に2棟の物流施設

プロロジスの山田御酒社長は「EC需要の旺盛な動きで、飲料水やビール等を含めた冷凍・冷蔵・チルドニーズへの要望も強く、『プロロジスパーク八千代 1』ではその対応を図った設計を行っている。今後、EC需要を取り込むには従来のドライ倉庫だけでは対応できなくなると思っている。今年度、関東圏では、大型で2棟、BTS型1棟を予定しているが、地価の高騰もあり、競争の少ない九州や東北地方への開発も同時に進めていこうと思っている。これは顧客の強いニーズでもある」と話した。

■計画概要
名称:プロロジスパーク八千代 1
開発地:千葉県八千代市保品
敷地面積:6万9302.34m2
計画延床面積:16万1338.63m2
構造:地上5階建て、柱RC+梁S造
着工:2021年4月
竣工予定:2022年9月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集